ウィンドサーフィンが持つポイントは何だと思いますか?スルにかかる空気の圧力を左右の手で瞬時に調節するとツツーッとサーフボードが海面を走り出します。

ダイビングのエキスパートは「ダイビングの頻度が数多い」「ダイビングが巧み」と噂されることだけではなることはでいません。

ダイビング教室では、授業料以外にプール使用料や教材費、海を通じての実習に絶対必要な施設の利用料、海に行くためのバス代や宿泊費用、その上にレンタル器材代なども覚悟しなければなりません。

果てしないマングローブ林を眺めながらおすすめのカヌーツーリング。魅惑的なジャングルを抜けて圧巻の滝を登山して見に行く。冒険が待ち受ける西表島のスポットへいざ行かん!

修学旅行生にも人気の琉球村は築100年以上の民家を複数移築して保管しているだけでなく、藍という植物を使った染め物体験や楽器の三線・エイサー教室、沖縄のおばあちゃんとの賑やかな雑談などを見て実践できる観光スポットです。

動植物や様々な鳥など数多くの希少種が見られるやんばるの森周辺では、壮大な沖縄の大自然を満喫できる環境に優しい催行がたくさんあります。

“テーマと実践“を携えたダイビングの醍醐味を自覚して頂き、より有効に味わうためのテクニックを手に入れます。感動的な日常を送れることがゴールです。

ダイビングの専門家とは「ダイビングの見聞が豊富である」「ダイビングが上手」と見られている程度ではなることはでいません。

12
勢いよくカーブを切る時や高さのある波に当たる時は、激しく左右に動いたり場合によっては振り落とされることも。難しくなく安心して始められるだけでなく、スリルも満喫できる流行のマリンスポーツです♪

那覇出港、北谷出港とも「5歳から小学生」までの子ども達には船長になれる体験会&インスタントカメラでの写真撮影(撮影する写真は1枚です)という2つの特典があります。是が非でもこのタイミングでお手続きください。

どちらにしても希望していたダイビングを始めようとするからには、完璧に自分のものにしたい、世界中いろいろなポイントを潜れるダイバーと言われたい、けれど、何から初めていいのか、誰か教えてほしい。

普通は体験ダイビングだと大体全てのダイビングスクールは表示金額の中に器材のレンタル費・講習を受ける費用・タンク・ウエットスーツなど現地で必要になる費用の全てが入っているはずです。

全国のダイバーのあこがれ!絶えず華やかな海を体験するために多数のダイバーたちが大海原に足を運びます。

那覇発、北谷発どちらも「5歳~小学6年生」までのお子様連れには船長体験イベント&インスタントカメラでの撮影会(撮影する写真は1枚です)をプレゼントします。できればこの機を逸さずにお申し込みされることをお勧めします。

沖縄シュノーケリングの代表格として人気沸騰の神秘的な「青の洞窟」と「慶良間諸島」、2つのシュノーケリングツアーの内容をマリン情報サイトで働くスタッフが潜入取材!

沖縄には、数多くのダイビングスポットがあります。サンゴ礁が美しいエリアに、魚たちが優雅に泳ぐポイント、沈没した船の姿を拝める場所と、ダイビングスポットはそれぞれ異なる魅力を持ちダイバーにその目的を与えてくれます。

どこもかしこも豊かな沖縄の海のダイビングスポットには、はずれというものがありません。ふと思い立ってダイビングをしようと行動した時に、綺麗な海や生き物たちの姿を見ることができる、ダイビングの楽しさを確実に味わうことができる魅力ある場所が沖縄なのです。

とはいえせっかくの沖縄で行う貴重なダイビングの機会を、行き当たりばったりの行動で潰してしまうのは、いささかもったいない行為でもあります。沖縄の海では熱帯魚もウミガメもマンタも見られますが、全てのエリアでそれら全ての生き物に遭遇できるわけではありません。どうせなら一番見たいものを見て、一番の興奮を得たいものです。

相手は自然ですから、計画して動いても目標が達成できるとは限りませんが、計画しないまま偶然に任せるより、目的達成のための行動を考えて実践したほうが確かであることに変わりはありません。今はネットからどんな情報でも引き出せる時代ですから、沖縄の地に降り立つ前に、どんなダイビングスポットがあってどんな魅力があるのかを調べて、自分の辿るべき行程を事前に把握しておきましょう。きちんと調べてから臨むことで、ダイビングは何倍にも深みを増すのです。

自然にできたものでも、神秘的に感じてしまうものがあります。特に岩などが水流などによって削られるというのは、偶然の産物ではありますが魅せられるものとなっていることもあるのです。岩がアーチ状になっているいることがあるのですが、下に行くことによって岩の影と太陽光が当たる部分が分かれるために神秘的な状況を自然と作り出すことができます。これには水深を深く潜っても太陽光と岩の影がしっかりと分かるようにあるために、沖縄ダイビングが合っている場所です。このアーチも水流によって変わってくるので、意味あるような岩の形になっていることもあります。こういった場所はスポットにもなっていることもあるので、大事な人と沖縄ダイビングで潜る際に行くと良いものとなります。

しかしアーチ状の岩があるような所は水流などがあったり、深く潜っていかなければいけないこともあるので、天気や海の流れ次第なところがあります。そのために確実に行くのであれば、日程を多くしてトライできる回数を増やしていくことで確率を上げていくことができるようになるのです。こういった場所は光の加減でさらに神秘的なものになっていくなどするために、絶好の日に沖縄ダイビングに行くのも良いですし、絶好の条件などを聞いておくことが同じものを見るのでも感動が違ってきます。

沖縄ダイビングでは岩のアーチなどでも神秘的に見ることができるので、見方次第で何倍も楽しむことができます。

沖縄でダイビングを楽しむ際には、ダイビングショップを選ぶとことから始まります。沖縄には大変多くのダイビングショップがありますが、評判の良いショップの特徴としては地元の方向けというよりも、観光客向けのサービスを展開しているショップが多いということです。ポイントとしては、「移動手段である送迎」と「設備面の充実」の2つだと思います。

まず1点目の移動手段ですが、沖縄には知っての通り電車といったアクセス手段がありません。レンタカーなどを利用してツアーの集合場所まで向かうことも出来ますが、ありがたいサービスと言えばバスなどでの送迎サービスが付いているのがポイントだと思います。送迎バスなどが、宿泊しているホテルまで来てくれるか否かが重要になってくるのではないでしょうか。当然、ホテルまで送迎があるショップが良いですよね。

2点目としては、設備面の充実でしょう。シャワールームやロッカーなどの快適スペースやセキュリティ上で充実していることや、万一の際の保険加入サービスなどがあると安心して利用出来るのではないでしょうか。

更に加えるならば、出来ればダイビングに向かうボートを保有しているショップが良いと思います。提携も含めてショップ独自のボートを利用出来ない場合、他のショップと合同でダイビングスポットへ出ることとなります。残念なことに、そのショップのライセンスホルダーがおススメしたいスポットへ向かえない場合もあり得るのです。ショップならではのダイビングスポットを紹介してもらえるのも、ショップ選びで重要なポイントではないでしょうか。

事前にネットで検索して口コミを参考にしてみたり、気になったショップへ直接電話で問い合わせてみるなどすることで、評判の良いショップに出会うことが出来ると思います。

運動神経があまり良くなくてプールで泳ぐことは苦手なんですが、ダイビングは実はあまり泳力や泳ぎのスキルなどは関係なく楽しむことが出来ます。

酸素ボンベも使えるので想像していたより息苦しくなかったですし、インストラクターが優しく誘導してくれたり、親切に手を繋いでくれたりもするのです。

二年ほど前に、ダイビング未経験同士の女友達2人と私との合計3人でツアーを活用し、沖縄ダイビングしたことがあります。

マリンスポーツといえば男性が多そうなイメージなんですが、実はダイビングは女性の参加者もかなり多いです。

ダイビングが初めてだと道具を揃える必要があるのではないかと不安視する人も多いですが、沖縄のダイビングショップは観光客の人も非常にたくさん訪れますし、背が低い女性や子供向けに小さめサイズのウェアを用意してくれているケースも大半です。

マスクやボンベなどの機材も貸し出してくれたり、ツアーではボートで昼食を取らせてくれたりもしたので、タオルやドリンク程度しか用意しなくても済むケースも多いです。

怖そうな印象で心配でしたが、友達やインストラクターさんと手をつなぎ合って海の世界を進んでいくと、あっさりと結構深い所まで潜れて感激しました。

本当に長く泳ぐことが出来ない自分ですが、フィンを履けば推進力が一気に増してくれるので、スイスイ泳げましたし、インストラクターさんが手を引いて案内してくれたりもしたので、ダイビングは意外と泳げない人でも楽しめると実感しました。

沖縄の海は格別の綺麗さで本当に透き通ってますし、鮮やかな魚もたくさん観察出来るので、本当に良い思い出になりました。